江戸しぐさ研究家 酒井悦子プロフィール

酒井悦子 -Etsuko Sakai-

(江戸しぐさ研究家・演奏家)

EtsukoSakai

Etsuko Sakai Profile
酒井悦子 プロフィール

東京都出身。幼少より「生田流筝曲」を学び、日本の伝統芸能である歌舞音曲の「稽古」の中から礼儀作法など“和の心”を習得する。「小笠原流礼法・香道」という邦楽とは違う作法の世界を学び、プロの演奏家として活躍する傍ら江戸文化風俗を研究し、江戸遊芸などの師匠に入門。
口伝により伝えられている江戸の所作を研究し、現在では様々な角度から現代社会、生活スタイルに合うテーマの「お題」として日本の心を語り広めている。
六歳より生田流筝曲を習う。十五歳で宮城流免許皆伝取得。
高校生の時より沢井筝曲院に入門、沢井忠夫、沢井一恵、石垣清美に師事。
歌舞伎、芝居音楽、黒御簾音楽を第一人者竹内道敬に師事。
NHK邦楽オーディション合格(1997年)。
香道直心流、大正琴、南京玉すだれ、江戸遊芸、江戸文化、水引、風呂敷つつみ等々〔和の心〕を幅広く身につけ伝統芸能コーディネーターとして講演活動を行う。
現在、プロとして国際的に活動を行う数少ない筝曲家・文化コーディネーターとして活躍中。

資 格
伝統芸能コーディネーター・着物文化コーディネーター・江戸文化歴史検定・生田流箏曲免許皆伝 他

講演会のご案内・お申込みはこちらへ